企業紹介
JAソーラー・テクノロジー株式会社(晶澳太陽能科技股分有限公司) は太陽光発電ソリューションのプラットフォーム企業です。シリコンウェーハからセル、モジュールまでの主要産業チェーンを主体とし、太陽光発電の補助材料と設備産業、太陽光発電+応用シーンのソリューションを両翼とし、一体両翼戦略を持続的に深く推進しています。 2019年にA株市場(証券略称:米乐|米乐·M6(中国)官方网站、会社証券コード:002459)に正式上場を果たしました。 
 
グリーンテクノロジー、グリーン電力の供給と使用、グリーン工場、グリーンサプライチェーン、グリーンオフィスと生活、グリーン理念の配信など、新時代におけるJAソーラーは実際の行動で全方位6+グリーン生態発展システムを構築し、世界の生態建設をサポートしています。 持続的な技術革新、安定的な財務上の強み、発達した世界販売とサービスネットワークを頼りに、JAソーラーは国内外の顧客に好評され、長年にわたり『フォーチュン』中国トップ500と世界新エネルギー企業トップ500のリストに挙げられています。 

CNY72.9Billion
年商
166GW
累計出荷
33000
従業員数
29638
世界ユーザー数
CNYBillion
年商
GW
累計出荷
従業員数
世界ユーザー数
開発マイルストーン
2022
パーシウム(PERCIUM)p型単結晶電池量産効率23.7%
バイシウム(BYCIUM)n型単結晶電池量産効率25%
ディープブルー(DeepBlue)4.0X量産、出力615W
2021
DeepBlue 4.0 Xのパイロットライン (BYCIUMに基づいて)では,電力は610 Wであった
量産したPERCIUM+p型モノモジュールの効率は23.4%に達した
2020
新製品DeepBlue 3.0の電力は記録的な545 Wに達した
PERCIUM+p型モノモジュールの量産電力は23%に達した
1年目のモジュール電力を2%削減することを保証する
2019
72セルのMBBハーフセルモジュールの量産電力は410 Wに達した
PERCIUM p型モノモジュールの量産効率は22.7%に達した
BYCIUM n型モノモジュールの変換効率は23.8%に達した
2018
BYCIUM n型モノモジュールの変換効率は22.5%に達した
2017
60セルのモノモジュールの量産電力は325 Wを超えた
二重ガラスモジュールの量産
2016
1500 Vの普通モジュールの量産
60セルのモノモジュールの電力は300 Wに達した
2015
PERCIUM p型モノセルの量産
耐PID(85℃、85%RH)セルとモジュールの量産化
2014
RIECIUM p型ポリセルの変換効率は20%に達した
2013
PERCIUM p型モノセルの変換効率は20.3%に達した
2012
PID耐性(60℃,85%RH)セルおよびモジュールの量産
2011
R5セル:モノ18.8% ポリ17.2%